Gスポバイブとクリトリス責め|ガールズラブ|裏夢小説|官能小説
ううっ、気持ちいい



それから、膣のほうにGスポット用のバイブを挿入されます。


「ううっ、気持ちいい・・・」


「ほら、Gスポットに当たるでしょ?男のおちんちんよりずっといいよ、ほら、どう…?」


バイブをえぐるように動かして、Gスポットを刺激され、おしっこが出そうになりました。


「すごくいい…」


「でしょう? スイッチを入れたらもっと気持ちいいけど、それはあとでね」


そう言って、珠理奈ちゃんがキスをしてきました。


「舌を出して…」


玲奈が舌を出すと、珠理奈ちゃんも舌を出し、重ね合わせて、からませてきます。


舌を舐めあいながら、珠理奈ちゃんが玲奈の花びらを手全体で撫でまわしてきました。


「あああん!」


ローションでぬるぬるして、たまらない快感…


「感じる?」


「うん…」


珠理奈ちゃんがGスポットバイブのスイッチを入れます。


「あっ、あっ、あっ、」


「どうしたの…」


「あうーっ、んんん…」

玲奈は思わず腰を上下に振ってしまいます。


「ここもいじってほしいでしょう?」


上をむいてとがったクリトリスの根元に、指先をぴたっとつけてくるくると撫でてくれます。


揺すっていた腰を止めて、クリトリスを突き出すようにして愛撫を受け入れてしまいます。


すごく上手…


「いやっ、すごくよくて、いきそう…」


「もういっちゃうの? まだお尻のスイッチを入れてないのに…」


そう言いながらも、珠理奈ちゃんはクリトリスの根元を中心に、ゆっくり撫でたり速く撫でたりを止めません。


「すぐにいっちゃったら、もったいないよ…深く、強くいかせてあげる…」


玲奈がいきそうな声を出すと、動きを弱め、速さや強さを変えて、絶対にいかせてくれない珠理奈ちゃん。


バイブでGスポットを刺激されつつ…、クリ愛撫でいきそうになるたび、身体の芯が熱さを増していきます。


「何度もいきそうになって…どんどんつらくなっていくぅ…」


「簡単にいかないで、深くいけるように、時間をかけるの…でも、もう玲奈ちゃん、はじけそうだね…」


「あううううん…」

[*前へ][次へ#]
[戻る]