Gスポバイブとクリトリス責め|ガールズラブ|裏夢小説|官能小説
軽くキスをしながら



家に着くと、二人でシャワーを浴びました。


立って、軽くキスをしながら割れ目を、指で下からなぞりあう。


「今日は、玲奈ちゃんに、女同志の気持ちよさを教えてあげるね…」


バスルームを出て、ベッドに行きました。


甘い香りのするキスをしながら、お互いの柔らかいおっぱいやお尻を揉んだり、乳首を吸ったりして、気持ち良くて声を出し始めます。


おっぱいを押し付けあいながら、互いの乳首を触れ合わせる。


珠理奈ちゃんがベッドサイドの引き出しからローションを取り出しました。


これ使うとすごく気持ちいいよ、と言って玲奈のあそこに垂らします。


珠理奈ちゃんが指で、マンコ全体やお尻の穴にもローションを広げ、全体がぬるぬるにすべるようにしてくれました。


「いつも私がしているオナニーを、玲奈ちゃんにしてあげる」


そう言って、珠理奈ちゃんがアヌスに細いバイブレーターの先を入れてきます。


「ここはどう?」


「うん、好き…あん、感じる…」

[次へ#]
[戻る]