ハードな痴漢|エロ小説|裏夢小説|官能小説
入れて…



「ほしかったら、おちんぽ入れてっておねだりしなさい。」


「入れて…おちんぽ…入れて…」


もう理性なんか残ってなかった。


強烈な快感でおかしくされて、ユミはちんぽをおまんこに入れてほしいただのメスになってしまっていた。


体を持ち上げられて、足を大きく開かれて、イケメンのちんぽを受け入れながら、ユミは痴漢達が視姦しているのを感じた。


勃起したちんぽをユミの体にこすりつけながら、自分の番を待っている痴漢達に囲まれて、イケメンのちんぽの突き上げに悦びの声を上げていた。


「はぁはぁ…いいっ…もっと…あっ…あっ…」


突然、ぐりんと体が反転されられて、ユミはバックからイケメンのちんぽを入れられている体勢になった。


口の中に他の痴漢のちんぽをねじ込まれて、口をふさがれる。


「んっ…んんっ…んっ…んっ…」


上下から犯されながら、
ユミは自分でも腰を振り絶頂する。


「んっ…んっ…んはっ…はぁはぁ…」


「ああっ…いやっ…もっ…ダメっ…」


「あああっ…ああああああっっ…っ…っ…」

[*前へ]
[戻る]