ハードな痴漢|エロ小説|裏夢小説|官能小説
イきたいの…



「ほら、素直にイきたいっていってごらん。」


イケメンの痴漢がユミの耳を口に含んで、舌で耳全体を舐めまわした。


もうダメ…がまんできない…


「イかせて…イきたいの…」


ユミがささやいた途端、体にふれていた手が急に、活発に動き出した。


アナルとおまんこをぐちゅぐちゅにいじられて、クリトリスをこすられて、乳首をきゅうっとつままれる。


「ひいっ…あっ…あんっ…」


足を舐められ、イケメンにディープキスされて、


ユミは激しくイってしまった。


「んっ…んっ…んんんっっ…んっ…っ…っ…」


もし、イケメンがキスしていなかったら、大きなあえぎ声を出してしまっただろう。


じーんとしびれるような快感の波が去っていっても、ユミを愛撫する手の勢いは止まらない。


すぐにまた新しい快感の波がやってきて、ユミはまたイってしまう。

何度もイかされて、足ががくがくと震える。


口からはなれたイケメンは、よだれで光った唇で、ユミにいった。

[*前へ][次へ#]
[戻る]