ハードな痴漢|エロ小説|裏夢小説|官能小説
揺れるたびに



電車が揺れるたびに、おまんこの中に入った指がおまんこを刺激する。


「んっ…んっ…あっ…」


途中の駅で少しずつ人が吐き出されて、電車の中は空いてきていた。


ユミが痴漢されているのがバレてしまいそう。


ユミはイケメンが痴漢をやめてくれるのを願いながら、イくのをがまんしていた。


突然後ろから、いきなり両手でおっぱいをわしづかみにされる。


イケメン以外の痴漢が参加してきた。


服の上からきつくおっぱいをもまれた後、服の下に手を入れられて、直接おっぱいをさわられる。


「そんな…あっ…あっ…」


気がつくとユミの周りは男性客が取り囲んでいて、視界がさえぎられてしまっていた。


何本もの手がユミの体の上をはいまわる。


ストッキングはぼろきれのように破かれまくって、太ももとかおしりをごつごつした大きな手でなでられている。


誰かがユミのパンティをおろした。


クリトリスをつままれて、アナルにもおまんこにも指が入れられて、ぐちゅぐちゅと中をかきまわしている。


「んあっ…ああっ…やっ…」


ブラウスのボタンもはずされて、ブラジャーもズラされた。


むき出しになった乳首をイケメンがちゅうっとしゃぶって、ちゅぽんと口から出した。


「んはっ…はぁはぁ…」


よだれで光って見える乳首は、他の痴漢達に交代でしゃぶられて、赤く充血してしまっている。


こんなに複数の手で体をなぶられているのに、ユミはまだイかせてもらってなかった。


最初は痴漢にイかされるのがイヤでがまんしていたけど、途中からはわざとイかせないようにしているみたいで、ちょっと愛撫しては動きが止まってしまうので、イけないでいた。

[*前へ][次へ#]
[戻る]