ハードな痴漢|エロ小説|裏夢小説|官能小説
身動きがとれない



電車で、ユミは前にいるイケメンの体にぐいっと押し付けられた。


身動きがとれない。


ユミの背中に回されたイケメンの手が徐々に下に下がっていって、おしりにさわった。


「あっ…」


その手はもっと下がっていって、スカートの中に入った。


痴漢してるのが目の前のイケメンだなんて信じられないくらい、顔はマジメで誠実そうだった。


スカートに入った指はユミのストッキングを指先で破いて、パンティを横にズラしアソコに指が触れる。


「やんっ…」


こんなところで、おまんこを直接さわられるなんて・・・。


ユミはハードな痴漢に動揺してしまった。

[次へ#]
[戻る]