銀魂
6

さっきは邪魔されたが今こうやって近藤さんと繋がれてる事に
嬉し過ぎて何だか忘れてしまいそうで。



「…トシ、俺は、今まで通りっていったけど、つ、ー付き合う前提じゃ駄目なのか?…あっぁあ」

「近藤さん!」


付き合う前提?
土方の腰は、より一層激しく動く、近藤自身を擦りながらも
お互いが気持ち良くなれるようにする様にしたりしてー。






「トシー…」


「んー、なんだよ近藤さん」

「俺の事好きか?トシ」

「…いきなりなんだよっ…好きに決まってんだろうがっ!」


「あー…そう」

「何だよ、はっきり言えや」

「俺も…」


「!?」

[*前へ]
[戻る]