[通常モード] [URL送信]
英語の時間切原/過去拍手




「切原君……何回言えば分かるの...?」


「さ、さあ…?」



ああ、またか。

切原また英語の先生に呆れられてるよ。今日の授業だけで5回目。


正解しないと授業は終われない。勿論、あたしは終わった。どっかの赤点エースとは違うからね。



「くっっそ…英語なんて出来なくても生きていけるっての…!」


『君の好きなテニスも殆ど英語使われるけどね』



切原は終わりそうにないプリントを机に置いて、溜息をついた。

切原、切原。
先生も溜息ついてるよ?



「だから英語は嫌いなんだよ…」



“ってことで…、頼む!”と顔の目の前でお願いのポーズをされる。



『えー…』


「勿論、交換条件付きっっ!」


『教えてあげましょう。』



あたしは英語が得意で。
切原は英語が苦手で。

切原は国語が得意で。
あたしは国語が苦手で。


ほら、利害が一致する。

ってことで、あたしは切原に英語を。切原はあたしに国語を。
持ちつ持たれつの関係だ。(昨日、国語で習った)



「なー、次はー?」


『あー、これは、』




英語の時間-赤也-




(国語の時間は好き。
だって、君が俺を頼ってくれるから)



  


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!