[通常モード] [URL送信]
国語の時間ジャッカル/過去拍手



(しゃれこうべで、髑髏…っと。)



「……ぅ゛」



隣で唸るのはコーヒー豆くらい黒い桑原。

ああ、ブラジル人だからだっけ?……ま、いっか。



『桑原』


「…あー?」


『漢字、分からないんでしょ?』




“おう”と桑原は頷く。

私は桑原の全く埋まっていない解答用紙を見る。伊達に15年も日本人やってるわけじゃない。このくらい朝飯前だ。



『桑原、後からフルーツジュースね』


「100%だろ?」


『交渉成立。』



私は笑い、左から順に先生には聞こえないような小声で、桑原には聞こえるように答えを言う。

これは国語の、まあ、漢字のプリントが出たときの私と桑原だけに成立する交渉。



私が答えを教えて、桑原はそのお礼に私へ100%のフルーツジュースを奢る。



『次、どくろ』


「おう」



今更ですけど、プリント見せた方が早くない?




国語の時間-ジャッカル-




(国語は嫌いだけど国語の時間は好き。
だって、君の声がずっと聞けるから)



  


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!