[携帯モード] [URL送信]
休み時間丸井/過去拍手



「なー知ってるか?」


『知らない』




“つれねぇなぁ”と丸井は言って、“今日の家庭科はやっぱり調理実習だぜ”とワクワクした様子で言った。

あー…丸井って食べ物大好きだもんね。



「でさ、」


『……うん』


「俺に何か作らねぇ?」


『え、何で。』




ぷくぅ、とガムを膨らませて。“朝から部活があって腹減ったんだぜぃ?”と膨らませたガムを割って、丸井は答えた。


今、目の前でガムを食べている奴が何を言うか。

どうせ、その鞄の中にはお菓子がいっぱい詰め込まれているくせに。



『断ったら?』


「頷くまで頼む!」




屈託無い顔で丸井は笑って。

その笑顔は太陽に似て眩しい。




『他の女の子に頼みなよ…』


「だって、みょうじの作った物の方が旨いだろぃ?」




諦める気は全く無いみたいだね、丸井。




休み時間-ブン太-




(君が作ったものだからこそ、
欲しい)





[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!