[携帯モード] [URL送信]
音楽の時間仁王/過去拍手



『〜♪』



鼻唄混じりに教科書をめくり、譜面台に譜面をおく。



「なあ、みょうじ…」


『なに?』


「この音符は何じゃ?」



仁王は、譜面の上から二段目の端っこの音符を指差す。

下の線から、2番目。



『ソだよ』


「そうだよ?」


『………』


「すまん、悪かった」


『ドレミファソラシドの、ソ』



“ありがとな”と仁王は銀髪を揺らして妖艶な笑みを浮かべる。


……何であたし、コイツの隣なんだろ。



疑問を振り払って、リコーダーの穴を指で塞ぐ。


中3になってもいまだにリコーダーってしょぼいったらありゃしない。

ほかの楽器にして欲しいものだ。



「なあ」


『今度はどれ?』



“そうじゃのぅて…”と仁王がリコーダーをあたしに見せて、



「ソってどこを抑えるんじゃった?」


『上側、全部』


「上側……」



どうやら言っても分からないようで、漫画風に例えるとしたら、頭にはてなマークが浮かんでいた。


ふぅ、と溜息をつくとあたしは仁王の名前を呼び、

ソの抑える位置を教えた。




音楽の時間-仁王-




(音楽は嫌いじゃが、
君と奏でる音が好き)






[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!