[携帯モード] [URL送信]
理科の時間柳生/過去拍手



空は青く、広大で、



(だから眠いんだけどね)



「みょうじさん」


『何、柳生?』



“それ”と指差す柳生の前には透明な石灰水の入った袋。

只今、理科の実験中。
2人でペアになって実験をしろとの先生の指図で柳生とペアになり、二酸化炭素の反応の実験中。



指差した袋を柳生に渡し、暇だし 柳生に話し掛ける。



『実験するってことは、反応するに決まってるじゃん』


「確かめ、みたいなものですよ」



そういって柳生は、袋に息を吐き出す。



「みょうじさんが振りますか?」


『ん、暇だしね』



柳生の息が入った袋を右に左に、上に下にありとあらゆる方向へ振る。


すると、さっきまで透明だった石灰水は白く濁っていた。



『…ね、反応した』


「そうですね」



柳生はそういうとノートに結果をまとめだした。

ああ、そっか。
ノートにまとめなきゃいけないんだ。



『柳生、後からそのノート映させて』



あたしが柳生に話し掛ける。

柳生は優しく“いいですよ”と笑いかける。



…ああ、また暇だ。




理科の時間-柳生-




(石灰水が二酸化炭素で反応すると言うならば、


僕は貴女の声反応だけにします)






[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!