[携帯モード] [URL送信]
スキ、キス青峰



「おい」

『ん〜?』

「お前何してんだ」

『えー?何がぁ?』

「それだソレ。そのかき氷の山は何だ」

『食べる』

「当たり前だ。喰わねーと勿体ないだろうが」

『じゃあ何でそんなこと聞くのー?』

「おま…っ 今は11月だぞ、そんな山、喰う季節じゃねぇたろ」

『私は好きなときに食べたいものを食べるんですー』

「…俺、お前と喋んの疲れるんだけど」

『あ、それ一緒だねぇ 私もそうだよ』

「(コイツ…!)」

『ねー、青君〜』

「青峰だっつってんだろ ンだよ」

『私ねー、青君のこと好きじゃないよ』

「…」

『好きじゃない、大好きなんだぁ』

「…俺は大好きじゃねェ、…愛してる」

『青君、キスしよっか』

「バーカ、そんなの許可取るもんじゃねェだろ」

『あはは、そうだねぇ』






()


(おら、目ェ閉じろ)(青君って案外ロマンチストだよねぇ)(うっせぇよ)(ハイハイ)


口の中には甘酸っぱいハワイアンブルーが広がった




--------
青峰君が火神君に見えるのは気のせいですよ(はぁと)(うざいです)




[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!