[携帯モード] [URL送信]
犬も喰わぬ、とやら緑間



『っ、だから、シンくんには関係ないじゃん!』

「関係ないとはなんだね。失礼なのだな、キミは。」

『シンくんに言われたくないよ!シンくんだって、いっつもいっつも、バスケバスケバスケって…!』

「それは今の話に関係ないのだよ、話を反らさないでほしいのだよ」

『関係あるもん!だって、私、昨日ゆきちゃんとお買い物してただけだよ!』

「だから昨日は俺と帰らなかったのだな。俺より椎名の方がいいというわけか」

『シンくんだって、黒子君とか黄瀬君とかと帰ってるじゃない!いいじゃん、シンくんは私よりバスケが好きなんでしょ!もういい、別れる!』

「なっ!?」

『私より好きなバスケと仲良くしてればいいじゃない!』

「…っ、なら別れればいいのだろう!」

『……え…、』

「お前はそれで幸せなのだろう、なら別れた方がいいのだよ」

『…っ、やっ、やだよ!別れたくない!だって、私、シンくんのこと大好きなのに…!』

「おっ、俺もお前のこと…好き、なのだよ」

『シンくん…!』



「ねー、黒子っち…」

「何ですか、黄瀬君」

「いい加減あの2人どうにかならないんスかー。毎日あれだとこっちも疲れるんスけど…」

「…2人共相手がどんなに自分が好きか理解出来ていないんですよ。お隣りのクラスの椎葉さんが言ってました、昨日のお買い物は緑間君にお守りを買いに行くためだと。」

「えー、なんスかそれー…緑間っちも彼女に試合でかっこいい姿見せたいって言って、毎日遅くまで練習してるんスよ?」

「……慣れれば無視出来るものです」

「えっ、それまでこれ我慢しなきゃいけないんスか!?」

「仕方ないでしょう…本人達は別れる気なんて更々無いんですから」

「あれ迷惑以外の何でもないっスよー!」





()





[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!