[通常モード] [URL送信]
偵察日和氷帝all



皆さんこんにちは私です。……すいません嘘ですなまえです。まあ、暇なんで私の話でも聞いてください。

ことの始まりは…いつだろう、去年の暮れぐらい。(10分前の出来事だろ)そうそう、そうともいう。
忍足侑士、自称眼鏡(自称天才だC〜)あ、それそれ自称天才の忍足の従兄弟の謙太郎君(“謙也”ですよ)……ともかく、謙太郎(謙也です)謙也君が氷帝に偵察に来たことから始まった。

いやー…忍足のあほと従兄弟だって言うのに...ほんっと似てないね。何でだろ?髪色も違うし。(脱色してるそうですよ)そうなんですか。ってことは自毛じゃないのね。なーんだ、何か残念だわ。

喧嘩しだした忍足と謙也君は、あ、ちなみにどっちも忍足だから変態っぽくない謙也君を名前呼びにすることにした、口喧嘩が止まらず、今だああだの、こうだの、あれは違うだ、これはこうだ、と関西弁同士の喧嘩が繰り広げられている。

まあともかく、見てるこっちは最初は楽しかったんだけど、ぶっちゃけ…(飽きたんだろー?)そう、飽きたの。超飽きた。




『跡部ー私飽きたー』

俺様だって飽きた

「えらいすまんなぁ
 謙也は口喧嘩止まらんタイプやから、当分あのままやで」




あ、忘れてた。(酷いなお前)四天王寺(四天宝寺です。間違えないでください)…へいへい、すいませんねぇ。四天宝寺のぶちょさんの白石……美帆?(それ、芸能人ですよ)…えーっと、白井海岸?(もはや人ですらねーだろ!)まあ、ともかく白谷君(白石だよ〜)…白石君も一緒に謙也君と来ていたのだ。謙也君が忍足のアホと喧嘩してるから暇そうだけど。私も暇だよ白石君。




「だからータコ焼きはタコ入っとらんとタコやないやろ!」

「せやから、」




どんな会話してるんだろうね、ほんっと。聞いてるこっちも意味分からないよ。(俺ゆーしとダブルスのまんまでいいか心配なってきた...)そうだね、忍足五月蝿いからね、ダブルスの件は少し考えた方がいいよ。




『てーか、部活しようよー…』









(さて問題です!
色づけされたツッコミの人物は誰が誰だったでしょうか!)
(意味分かりませんよ)
(つーか、お前何やってるんだよ)
(だってー、暇なんだもん)
(まあな、暇だよなぁ…)






ちなみに、
宍戸ジロー日吉がっくん


  


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!