[携帯モード] [URL送信]
灰に浮く柳生(黒→白→)


愛おしいと気づいたとき、貴方の側には親友が必ずいた。

狂おしい程好きだと分かったとき、貴方は親友の為に泣いていた。




「なまえさん、」

『ん、もう大丈夫。そう何回も泣かれちゃやぎゅに迷惑だしね。』

「いえ、私は大丈夫ですよ」




涙を溢れさせるなまえさんは余りにも小さく、か弱く見えた。

拭う自分の手の意味の無さに苛立った。


街灯が燈る道を二人並んで歩く。マフラーは暖かいので手に持ったままだった。



あの日、初めての涙を見たとき、貴方は仁王君を好きになってしまったと泣いた。それは端から見れば1+1=2という計算のように当たり前のことだった。

そのとき、自分の恋が散ったと悲しんだ。

しかし、なまえさんは涙声になりながら、『自分は仁王を好きになってはいけない』とまた涙を1粒流した。




『やぎゅ?』

「あ、何ですか?」

『聞いてた?』

「…いえ、あまり…」

『だからー、明日は早い?』

「今日と同じだと思いますよ。」

『そっか。』




何にせよ、それは私にとってチャンスであり、利用しないという手はなかった。

仁王君への心を騙すために私を利用してください


あのセリフをなまえさんは迷惑がかかると嫌がったが、力になりたいと言えば、『さすがやぎゅ、紳士だね』と涙を渇かせた後のある頬を少し緩めた。



いつかは、いつかはその涙が仁王君の為ではなく、私の為であるように。いつかはその笑顔が仁王君を見てこぼすのではなく、私を見てこぼすように。



ああ、









この行為を誰かが卑怯だと、卑劣だと蔑んでも、

貴方が私のものになるようにと祈る、




--------
黒→白→灰の三部作です。
柳生→主人公→│←仁王
主人公と仁王は好きだけど両思いになれない、みたいな感じですね。






[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!