[携帯モード] [URL送信]
黒に沈む仁王(→白→灰)




愛おしいと嘆いたとき、お前はもう俺の側にはいなかった。

狂おしい程好きだと気づいたとき、お前はもう親友のものだった。




『お、仁王。部活終わった?』

「まあの。」

『そ?』




夕暮れ、そんな時間はとっくの昔に過ぎた。空は闇の帳が降りてきたよう黒く、黒かった。

立海のお洒落なチェックのマフラーを首元に巻き付け、ぬくぬくとしている目の前のなまえに少し苛立つ。



いつからその距離は離れてしまったのか。いつからお前は俺を苗字で呼ぶようになったのか。




「お待たせしました、なまえさん」

『ん、だいじょーぶ。』




へら、と笑うなまえに柳生を目を細めて笑った。

行こっか。行きましょうか。

二人でそんな話をして、なまえと柳生はいわゆる恋人繋ぎをして俺に『ばいばい』と手を振り闇の中へ吸い込まれて行った。



お前の隣は俺だったのに、いつの間にお前の隣は柳生に変わった?


嘆きは空に消えることなく。
愛しさは君に届くことなく。



ああ、










愛おしいと気づくのが遅かった、



  


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!