[通常モード] [URL送信]
美術の時間幸村/過去拍手



キーンコーンカーンコーン。



『んー...鐘が鳴る鳴る法隆寺』


「法隆寺は神奈川には無いけどね。」



向かい合った立海大テニス部部長は笑いながら、そういうと筆を動かす。

只今、美術の風景画の色塗り中。


あたしは、手を止めて休憩中。幸村は手を動かして色塗り中。
何だこの真面目さの違いは。



『幸村、空塗るの上手いね』


「そう?」



幸村はなおも笑って。

この笑顔、崩れるときはあるのだろうか。

……否。これ以上考えるのは馬鹿がすることだ。



「俺はみょうじの人の塗り方、好きだな」


『オイオイ幸村君。何を言うのかね。風景画には人はいないぞ』



現にあたしの絵の中には人っ子一人存在しない。

なのに、褒めるってどういうことだ。



「みょうじ、口調変だよ」



あ、また笑った。



「確かに、今は描かれてないけどこの前の人物画の塗り方が綺麗だった」


『ああ、この前のね...』




幸村は空を塗るのが上手くて、
あたしは人を塗るのが上手くて、




『2人で絵を描いたら綺麗だろうね』


「そうだね。
今度、2人で描こうよ」




美術の時間-幸村-




(あわよくば、俺と君との未来も、一緒に描こうよ)






[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!