[携帯モード] [URL送信]

城ノ内家の愉快な人々
人も人外も魔法も存在する世界に生まれた一つの家族の物語――(?)。

「ってか、もうすでに学園物の雰囲気が漂っているんだが?」「しっ」「それは言わない約束でしょうが」

☆章の一覧☆
登場人物紹介(登場人物の名前等を忘れられた際にお使いください)
序章       学園生活への門出
第一の記述  希望の春といえども油断は禁物

「長男です。取り合えず、珈琲って良いと思わないかい?」

「次男デス。科学に興味はアリマセンが、改造には興味アリマスよ」

「三男でい。あぁー……なんてぇの? あたしはソッチ系統のヒトじゃねぇからな」

「四男だ。後にしてくれ、忙しいんだよ、こっちは」

「六男。……兄貴がいねぇ……」


「ちょうじょ。――これで、い?」

「次女ですわ。申し訳ありませんが、時間がありませんので行っても宜しいですか? 貴方の為に取る時間なんてありませんの。それともあるとでも思ったのですか? ふふ、自意識が高いのですね?」

「三女でぇ〜す! 萌えって素晴らしいと思うの!」

「四女だ。……何だかまた靴箱に手紙が入っていたんだがどういう事だと思う?」

「五女だよ。そうだねぇ、まあ、アレだね。うちは美形が多くて萌えるよ」



「五男、神歌と申します。取り合えず、これがわたくしの家族です。多いでしょう? わたくしも覚えるのに半年はかかりましたよ」
レビュー(0件)

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!