[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜 Character Episode
*


 この技術は諸刃の刃に近いものがある。

 刃を持たなければ見知らぬ者からの攻撃

に対して無力なまま何もやり返せないが、

やり返しているところだけ見られればやは

り自分が加害者に見られるだろう。

 そしていけないことだと分かってはいて

も自分に出来るとわかっていると試したく

なってしまう。

 クラッカーの大部分はフラストレーショ

ンを溜めこんだ子供であるという見解があ

り、相手にダメージを与えて喜ぶ様を軽蔑

してスクリプトキディと呼ぶこともある。

 しかしやってはいけないことをしてしま

うのは子供だけの習性ではないし、フラス

トレーションをためるのも子供だけではな

い。

 “今日のハッカーは明日のクラッカー”

と言われる所以はそのあたりにあるのだろ

う。


【craze:“能力を買ってくれるのは有り難

 いけど、そこまで万能じゃないよ。

 何でも『切り裂ける』わけじゃない。

 大事なのは自分の能力と程度を知ること

 さ。

 そう思わないかい?”


 DD:“確かに君の言う事ももっともだ。

 自分の能力を見誤ったピエロは落ちて床

 に叩きつけられるしかないから”】


 ハッカーとクラッカーは紙一重。

 正気と狂気の境目がそうであるように。

 自分の握り締めるナイフの刃が相手と自

分自身に向いていることを忘れると結果的

に身を滅ぼすしかない。


【mic:“DDが作ってたプログラムはどうな

 ったんだい?”

 DD:“あぁ、もう少しだよ。

 華麗なレディたちが無粋な侵入者の身ぐ

 るみを剥いでくれる日が待ち遠しい”】


 クラッキング(悪意のあるハッキング)

なんて一生無縁ならばその方がいい。

 しかし誰でも手を出せるモニターの向こ

うの世界は使い手が思うより闇が深い。

 仮面をかぶった悪意の侵入者は排除しな

ければ。

 しかしそれも一方では方便で、迎撃とい

う形で侵入者をボロボロにしてやろうとい

う一種の快楽かもしれない。


【mic:“ハハハ。

 もし自分がクラッカーになったとしても

 DDのパソコンだけはクラッキングしたく

 ないね”

 craze:“クラッキングなんてソフトクリ

 ームが大好きな子供のすることさ。

 micは愚かじゃないと思うけどね”

 mic:“それを『Ripper』に言われるとは

 思わなかったよ”

 craze:“クラッキングなんてそんな大そ

 れたことはしてないよ。

 ただちょっと…そうだね玄関から庭先を

 覗いてるだけさ”】


 自分たちのいる場所の危うさを知ってい

るからこそ慎重になる。

 弱い者ほど大きな声で吠えるが、能ある

鷹は爪を隠すものだ。

 それはやはりどこの世界でも同じだろ

う。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!