[通常モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


「GW中も塾の講習があるので、僕は残念

 ながら」


 真っ先に母さんに返したのは兄貴だ。


「今回くらいは行けないかな?せっかくの

 家族旅行だし、秀は成績いいから大丈夫

 だよ」 
 
「いえ。それほど甘くはないと思ってます

 から」


 父さんはそれ以上兄貴には何も言わなか

った。

 代わりにこっちに視線を向ける。


「駆と麗はどうだい?

 旅行、きっと楽しいよ」

「うーん…どうしようかな…」

「行こうよ、お兄ちゃん!

 きっと楽しいよっ」


 麗が目をキラキラさせて腕にしがみつい

てくる。


 旅行には行きたい。

 でも4人で旅行に行ってしまうと、GW

中に兄貴はこの家にたった一人だ。

 静かな方が勉強ははかどるだろうけど…

寂しくならないだろうか。


 チラリと視線をやるが黙々と朝食を口に

運ぶその顔にはどんな感情も出ていない。


「…なんですか?」

「いや、なんでも…」


 視線に気づかれて慌てて首を振る。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!