[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


「麗、触るよ?」

「うん…」


 キュッと俺の肩を掴む麗の手に力が籠

る。


 緊張で硬くなっている麗の姿にやはり歳

相応の男の子だな、なんて心の中で少し笑

った。


「大丈夫だから、力抜いてていいよ」


 左手を背中に回して麗の背中を撫でなが

らその耳に囁き、自分の右手を繰り返し舐

めてたっぷり唾液を纏わせる。

 その手で麗の小ぶりなものに触れて先端

からくびれ付近を中心に掌の唾液を擦り込

ませていく。


「んっ…」


 腕の中で麗が震える。

 触られて驚いたのか、与えられる刺激に

体が反応したのか。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!