[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


 目覚めると麗が俺の顔を覗き込んでいた。

「麗…?おはよ…」

「おはよう、お兄ちゃん」


 ぎゅううっ


 朝一番のハグ。

 顔中にキスの雨が降るのも追加されたの

はいつからだったか…。

 擽ったいキスを我慢していたけれど、そ

のキスが唇に落ちそうになってとっさに指

を麗の唇にあてて阻止した。

 あんな夢の後では、軽々しく受け入れる

気分になれない。


「お兄ちゃん…ぼくのこと嫌い?」


 悲しそうな両目が傷ついたように見上げ

てくる。

 その視線には弱くて、思わず目をそらし

ながら擦れる声で答えた。


「麗のことは好きだけど、そういうんじゃ

 なくて…」


 もう何十回も繰り返した言葉。

 でもそれ以外に言える言葉がなくて何度

も繰り返してしまう。

 その言葉で麗を止めることなどできない

と分かっていても。


「じゃあ…絶対に誰にもキスさせない?

 兄さんにも、他の誰にも。

 そうしたらぼくも我慢するよ?」


 そんなことができたら、こんなことには

なっていない。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!