[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


 結局その時はそのままになり、けれどや

はり兄貴一人にするのも気が引けて…。


 俺もやはり残ることとそれは当日まで黙

っていてくれるように両親に頼んだ。


 しかし当日の朝、車に乗り込む段階にな

って麗が行かないと言い出して…。



 結局、両親には夫婦旅行をしてもらう形

になった。

 久しぶりに夫婦水入らずで…と背中を押

したら、家族で行けないことを残念がりな

がらもちょっと照れて嬉しそうな顔で出か

けてくれた。




 そして家に残されたのは俺達3人。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!