[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


「“もう…”なんです?」

「もう離し、ぁうッ…!」


 “離して”が言えなかった。

 いつの間にかもう片方の手も下半身に伸

びていて、やんわりとだが少々強い力加減

で下の袋を握られ喉が引きつり、一瞬だが

背筋に冷たいものが走った。


「駆は僕の部屋でこんなことをする位なの

に、まだ素直になれないんですか?」

 
 本当に離してほしいから言ったのに。

 兄貴は何を言わせたいんだろう…。

 そもそも兄貴は俺の素手で擦ってて嫌じ

ゃないの?

 なんでこんなことしてるの?

 なんで?どうして?


 兄貴の考えていることが分からなくて、

何が「正解」かわからなくて、疑問だけが

浮かんでは消えていく。


 兄貴の顔が見たい。

 怒ってるのか、呆れてるのか、せめてそ

れだけでもわかれば何が「正解」かわかり

そうなのに。

 でも恥ずかしくて振り向けない。

 こんな顔見られたらもう兄貴と顔を合わ

せられない。



 


[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!