[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


 しかし言い方がどうだというのを置いて

みると、兄貴の言い分は“僕に気兼ねしな

いで、4人で旅行を楽しんできて下さい”

というふうになる。


 兄貴の言い回しはいつだって天邪鬼だ。

 そういう兄貴の言い回しにいちいちつっ

かかっていた時期もあったけど、兄貴の根

はそこまで歪んでいないと気づいてから頭

の中で兄貴の言葉を変換する癖がついた。

 あくまで受験生として静かに勉強したい

というのも頭半分にはあるだろうが、必ず

しもそれが理由の全てではないんじゃない

だろうか。

 自分の都合だけ考えていたら麗の名前は

出ない…と思う。



 …そんな風に思ってしまうのは、兄貴の

弟を物心つく前からやってきたからだろう

か。




 でも今はもう一方で麗が考えていること

も何となくわかる。

 今までならただ純粋に家族と旅行に行き

たくて、そこに兄貴や俺が欠けるのが嫌な

んだろう…とそれだけだっただろう。

 きっとその気持ちも嘘ではないだろうけ

ど、兄貴と俺が二人きりになるのが嫌なん

だろう。

 正確には、二人きりにすることで自分一

人が置いていかれるような…そんな疎外感

がたまらなく嫌なんじゃないだろうか。


 そんなことあるはずないのに…。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!