[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


「ねぇ、お兄ちゃん。旅行いこうよー」


 ねぇねぇと続ける麗に、言いにくかった

が口を開いた。


「俺もやめとこうかな。

 麗は父さんと母さんと一緒に旅行楽しん

 でこいよ」

「えーっ?!」


 麗は不満たっぷりだ。

 その理由を何となく察したのだろうか。

 だとしたら、末恐ろしすぎる。


「あら、駆も何か用事があるの?」

「いや、そういうんじゃないけど…。

 この家に1人ってやっぱり寂しいと思う

 し」
 
「余計なお世話です」


 言い終わらないうちに兄貴の声がかぶさ

った。

 本人はしれっとした顔で悪いとも思って

いないようだ。


「お兄ちゃんが行かないならぼくも行かな

 いっ」


 ぎゅうううっ

 麗の腕にしがみつく力が目に見えて強く

なる。


「麗は遊びたい盛りでしょう。

 勉強の邪魔ですから、4人で旅行にいっ

 てきてください」


 兄貴の口の悪さは本日も絶好調のよう

だ。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!