[通常モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


「え?旅行?」


 それは4月も末にさしかかったとある朝

の会話。


「えぇ、そうよ。

 ほら、今年のお正月は珍しく大雪で出か

けられなかったでしょう?

 バタバタして駆と麗の入学記念もちゃん

と出来なかったから、みんなで旅行に行く

のはどうかってお父さんと話してたの」


 朝食の席で母さんが言い出したのは、G

Wに家族旅行をしようという話。


「でも今から旅行に行こうと思っても、ホ

 テルなんてとれるんですか?

 大型連休の旅行は予約が常識でしょう」


 兄貴は機嫌のいい母さんの提案に疑問を

投げかける。


「それは大丈夫だよ。

 父さんの会社の同僚の実家が旅館をやっ

 ているらしくてね。

 ちょうど予約キャンセルがでたそうなん

 だ」

「へぇ、ラッキーだったね」


 こんなギリギリのタイミングで予約キャ

ンセルなんて、そうそうあるものじゃない

だろう。


「3人ともGWの予定はどう?」





[次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!