[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


 けれど絶頂には肝心の刺激が足りない。

 突起への愛撫は巧みになっていくのに、

それ以外は興味がないとでも言うように触

れようともしない。


 生殺し…。


 下肢に熱を溜めこみながら、終わりの見

えない夢に終わりを求める。



 まともに言葉が発せるなら俺は何て言う

だろうか。


 “やめてくれ”?“もっとちゃんと”?

 嫌だ。考えたくない。


 何度も何度もイかせてくれと懇願し、失

神するまで揺さぶられた夜を思い出してし

まう。


 違う。

 あんな浅ましいのは俺じゃない。

 どうかしてたんだ…。


 蘇ろうとする記憶に必死に言い訳する。


 奥まで穿たれながら何度も達して、なの

に何度放っても足りずに泣きながら腰を揺

すった、その記憶に。


 引き出されるように思い出してしまうと

カッと耳まで熱をもった。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!