[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*



「それにしてもいけない子ですね、駆は。

 僕がいない間に、僕の部屋で、何をして

 いるのかと思えば…」


 ゆるゆると勃ち上がっているモノをゆる

ゆると扱き、イクには淡すぎる刺激を与え

ながら囁き、そのまま耳の淵を甘く食まれ

て肩が震えた。


「んっ…ごめん、なさい…」


 無断で兄貴の部屋に入り、パソコンを使

って自慰していたことに関しては言い訳の

しようもない。

 兄貴の声色に思ったよりもトゲがないこ

とが唯一の救いだが、何かいいことでもあ

ったのだろうか…。


「あ、兄貴、もうっ…」

「なんですか、駆?」

「ぁッ…」


 裏側の筋を指先でなぞり上げられて腰が

跳ねてしまう。

 “教えてあげる”という割に兄貴の手が

与える刺激はまどろっこしくて、かといっ

てその手の中で絶頂を迎えるのには相変わ

らず抵抗もあり、自分がこのままイキたい

のかイキたくないのかもわからなくなって

いく。

 でも、いけない。

 いくら兄弟だからって恥ずかしい。




 

[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!