[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


 しかし目覚めようとするのに意識は泥の

ように重い。

 体も動かない。


 結局何も出来ないまま、もう片方の突起

も青年の指に摘んで捻られた。


「ぁっ…はぁっ」


 左右で違う刺激を与えられて体が困惑す

る。

 でもそう思った矢先に、今度は咥えられ

ているほうの突起を吸い上げられ体がたま

らずビクビクと跳ねた。

 
 呼吸が乱れる。

 下肢が熱をおびていく。


 胸に顔を埋めている青年を引き剥がして

しまいたいのに、肝心の体が動かない。

 それどころか、その口内で舐められてい

る突起は唾液に濡れピンと尖りきってジン

ジンと痺れている。


 もう離してくれ…頼むから…。

 こんな快楽は知りたくないんだ…。


 意志に反して体が火照っていく。

 あの夜のような逃れられない熱が体の芯

に火をつけてしまう。

 まともに触られているのは胸だけなのに

突起を甘噛みされたり吸われるうちに触れ

てもいない下肢の熱が頭をもたげてくる。 
 




[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!