[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


 青年の手が頬を撫でる。

 そして、額、頬、唇、首筋…と上から辿

るように唇をあてていく。


 やっぱりくすぐったい。

 唇の感触も、素肌にかかる吐息も。


 唇が心臓の近くに触れた。

 どうするんだろう、とぼんやり考えてい

る間に突起がその唇に食まれた。


「っ…?」


 最初は遠慮がちに舌先で突起をつついて

いたが、間もなくその生温かい舌が突起に

絡みついてきた。


「んっ…」


 弾力のある濡れた感触が飴玉でも転がす

ようにその口内で突起を弄ぶ。


 鼻にかかったような吐息を逃がして、ど

うやら本当に目覚めないとまずいことにな

りそうだと自覚する。


 こんな感覚は覚えなくていい。

 こんなことで気持ちいいなんて…間違っ

てる。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!