[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


 胸の上を指先が滑る。


 くすぐったくて逃れようとしたけれど、

体は縫い付けられたように雲の上から動け

ない。


 やがて指先は左右の突起を摘んで引っ張

った。

 それが不意でビクッと体が震える。

 今度は指の腹で捻ってみたり、押し潰し

てみたり。

 何かを意図している、というよりは試し

ながら反応を見ているようだ。


 でも普段は意識すらしないような場所を

他人に弄られるのはあの夜以来で。

 声は聞こえなくても、直接は触れられな

くても、何をしたいのかはなんとなく伝わ

ってきてしまう。



 やめろ。

 何やってるんだ。

 俺はそんなこと望んでないのに…。



 自分の夢の中だというのに体の自由もき

かない。

 ずっと思考に靄がかかっているようなの

に、与えられる感覚だけが妙にリアルだ。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!