[通常モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


 青年は手を伸ばして俺を引き寄せた。

 重さを失い、風船のように軽くなってい

る体はその手が導くままにその腕の中に収

まる。


 青年の掌が素肌に触れた。


 あぁ、俺は服を着ていないのか。

 触られてようやく知る。


 それでも不思議と嫌悪感も羞恥心も湧か

ない。


 むしろそのサラサラの掌に触れられるの

は気持ちいい。


 首筋、肩、胸、腹…青年が好き勝手に撫

で回すのを四肢を投げ出したままぼんやり

と享受した。



「んっ…」


 やがて青年の掌が胸の突起を掠めた。

 ピクッと体が跳ねて小さく声が漏れ、感

覚が少し鮮やかになる。


 青年の唇が動く。

 でも声は聞こえない。


 しばらく唇が無音の中で動いていたけれ

ど、ようやく聞こえていないことに気づい

たのか口を閉ざした。


 そして、何かを独り言のように呟いて…

その唇が笑む。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!