[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


 ふわふわと体が軽い。

 わたあめみたいな雲に体を預け、クリー

ム色の空をボーッと見上げる。


 あぁ…これは夢なんだな。

 現実味のないふわふわと意識を漂わせて

俺はぼんやり理解した。


 やがて目の前に見知らぬ青年が現れた。

 金髪に紫色の目。

 肌は白くて、モデルでもできそうな整っ

た容姿。


 青年は俺の姿を瞳に映すと、表情を綻ば

せた。

 誰かに似ている…と思ったが、記憶も思

考も零れ落ちていくようで何も掴めない。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!