[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


 …それでいきなりキスなんて突拍子もな

いこと言い出したのか。

 

 兄貴の狂った歯車は、もしかしたら麗ま

で巻き込んで不安にさせているのかもしれ

ない。


 だとしたら麗は俺が安心させてやらない

と。

 俺はいつまで経っても麗のお兄ちゃんだ

からって。


「麗…泣かなくていい。

 俺はどこにも行かないし、ずっと麗のお

 兄ちゃんだよ」


 泣きじゃくる麗の頭をゆっくりと繰り返

し撫でながら続ける。


「兄貴が俺を麗から取り上げてるんじゃな

 くて、たまたまそういう時間の差で俺が

 生まれただけ。

 俺が兄貴にとられるなんて考えすぎだ。

 安心しろ」


 そう、全ては考えすぎ……そう信じてく

れ。

 いつかその通りにしてみせるから…。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!