[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


「ぼくはどんなに頑張っても、お兄ちゃん

 と中学校も高校も一緒に通えない。

 いつもぼくが入学する時にお兄ちゃんは

 次の学校に入学しちゃう。

 でも兄さんはいつだってお兄ちゃんと同

 じ学校に通えて、同じ勉強ができて、一

 緒に学校にも行けて…ぼくがお兄ちゃん

 としたくても出来ないこといっぱいいっ

 ぱい出来るんだ…」


 声が次第にしゃくりあげて、抱きついて

きている肩が震えている。

 麗が泣いているのがいたたまれなくて、

しがみついてきている麗の腕をやんわりと

解いてその震えている肩を抱き締めた。

 すると麗はそれ以上の力でしがみついて

きた。


「お兄ちゃんは最近隠し事してるし、兄さ

 んも様子が変だし…。

 ぼく、もう嫌だよ。

 お兄ちゃんが離れていくのは嫌だ。

 お兄ちゃんが好き。大好き。

 だからずっと一緒に居てよ…」





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!