[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


「だけどぼく、お兄ちゃんが好きだよ」

「俺も好きだよ。

 でも弟として、だ。

 恋人としてじゃない」


 暗闇の中で麗が今どんな顔をしているの

かはわからない。

 だけど間違いは正さないとならない。


「考えてごらん、麗。

 ずっと一緒にいたいならいられるんだ、

 兄弟だから。

 たとえ距離が離れたって繋がりは死ぬま

 で消えない。

 会いたいと思うだけでいつでも会える。

 兄弟だから。家族だから。

 でも恋人はそうじゃない。

 すれ違って、喧嘩して、仲直りできなか

 ったらそれで終わってしまう。

 それでも恋人がいいのか?」

「…どっちも。どっちもがいい」

「麗…。無理だよ。

 わかってるだろ?」


 子供っぽく見えても麗は中学生だ。

 恋人がどういうものか位はうっすら解っ

ているだろうに。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!