[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


「お兄ちゃん、

 今夜はもうおやすみなさいなの?」


 夕食を食べて、パジャマに着替えて、歯

を磨いて、ベッドに潜り込もうとしたのは

確かにいつもなら考えられないような早い

時間。


 当然、兄貴はまだ帰ってきていない。


「まだ体の調子悪いの?」


 心配そうに覗きこんでくる麗に大丈夫だ

と苦笑いで答えて頭を撫でる。

 まさか兄貴と顔を合わせたくないからな

んて本音は言えない。


 結局ぐずる麗を説得しきれずに、今夜は

…と一緒に寝ることを承諾してしまったの

だが、俺が寝ようと思っていた時間は中学

生の麗にとってすら早すぎる。





[次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!