[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


「お帰りなさい、お兄ちゃんっ」


 ぎゅうううっ

 家に帰り着くなり、麗の熱烈なハグに迎

えられた。


「お兄ちゃん、今朝はどうしたの?

 朝起きたらお兄ちゃんがいなくて、ぼく
 すごく寂しかったんだよ?」


 しょんぼり寂しそうな眼差しで見上げら

れると弱い。

 兄貴を怒らせるのとは別の意味で心臓を

ギュッと掴まれたような心地になる。


「うん、ゴメン。

 明日からはちゃんといるから」

「ホント?

 なら良かった」


 麗の表情が俄かに明るくなる。

 そんな麗の頭を撫でてから部屋に向かお

うとするが、麗は離れる気がないのかべっ

たりひっついてくる。

 どうやら今朝の一件がよほど堪えたのか

べったり甘えたモードらしい。

 特に気にするでもなく部屋で制服から私

服に着替え、洗濯物を麗の分とまとめて洗

濯機に放り込んでスイッチを入れてからリ

ビングのソファーに腰を落ち着けた。

 柔らかいソファーならば腰は幾分かマシ

で、こっそり安堵の息を吐く。


「お兄ちゃん。えへへへへ」


 麗もようやく落ち着いたのか隣に座って

俺の腕にぴったりとしがみついた。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!