[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


「…うん」

 Yes以外の選択肢がない。

 ましてここは教室で、今はほとんど全て

のクラスメイトの視線が集中している。

 兄貴はそれに満足したように勝者の空気

を漂わせた。


 そしてふっと顔を耳元に近づけてきた。


「僕から逃げるのは自由ですが、

 家に駆の居場所は無くなりますよ?」


ドクンッ

 心臓が嫌な音をたてた。

 浮かべていた苦笑いさえひきつる。

 氷柱を心臓に突き立てられたような…そ

んな感覚。


「それが嫌なら“いい子”にしていること

 です。

 “僕の言うとおりいい子に”ね」
 

 顔を離しがてら額にキスをした兄貴はあ

の夜と同じ目をしていた。

 そしてそれはまるで気のせいだったみた

いに姿をひそめた。


 傍目には世話焼きなしっかり者の兄と、

うっかりしている頼りない弟とでも映って

いるんだろう。

 仲のいい兄弟だな、位に。


 けれども、実際との温度差はこんなにも

激しい。

 それが辛くて、息苦しい。

 でも俺はそれをどうにかする術をまだも

っていない。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!