[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


「あはは。そうだっけ?

 母さんの弁当忘れるなんてうっかりして

 たなー。

 サンキュ、兄貴」


 覚悟を決めたのに、いざ顔を上げてみる

とその笑顔がひきつるほど兄貴の視線は攻

撃力が高かった。


「まったくです。明日からは慌てずに僕と

 一緒に登校しましょう。そうすれば忘れ

 物なんてしませんよ」


 親切そうな顔に貼り付けた笑み。

 クラスの女子は騒いだが、直視されてい

る俺の背筋は冷や汗が流れそうだ。


「な、何もそこまでしな」

「いいえ。明日からは一緒に登校です。

 僕だって受験生ですから時間が惜しい。

 こうして母さんの弁当を届けている間に

 数式が何問、英文が何行訳せたか…。

 文句はありませんよね?」


 最後まで言わせてもらえなかった。

 しかも親切を盾に強行突破してきた。

 言葉の上では同意を求めながら、もはや

それは明確な「命令」だ。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!