[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


 行きたくない、行きたくない、行きたく

ない…。

 顔をそらし他人のフリを決め込んだまま

いっそ机にへばりついていたい。


 机の上から拳を動かせないでじっとして

いたら目の前にトンと弁当箱を置かれて肩

が跳ねた。


「駆、忘れ物ですよ。

 いつもそそっかしいですね。

 慌てて出るから忘れ物するんですよ、色

 々と」


 声が…怒っている。

 笑いながらトゲでつついてくる。

 顔を上げたくない。

 きっと兄貴の視線に刺される。


 しかし、ここまでされておいて無視する

のは無茶を通り越して無謀だった。



 …とにかく罪悪感を覗かせたら、兄貴は

そこを突いてくる。

 昨日は微熱があったんだし、頭がボーっ

としていて昨日のことは覚えていない、で

いざとなったら押し通そう。

 うん。やるしかない。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!