[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


 とりあえず当分は毎週末どこかしら出歩

いて回避するとして、何か都合のいい言い

訳とちょうどいい場所を確保しないとまず

い。


 距離をとったら、兄貴目を醒まして…い

や、頭冷やしてくれないかな…。


 そんな他力本願な願いをポロッと頭の隅

で零して時計を見る。


 まだ少し早いが、途中でコンビニに寄っ

て何か買っていかないといけない。

 朝食べてないから授業中に腹の虫が…。



 溜息を一つ残して立ち上がる。


 空は青いのに、胸の内は今にも雨が降り

出しそうだった。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!