[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


 翌朝、俺は皆がまだ寝静まっている間に

足を忍ばせて家を出た。


 朝の空気を吸って考えたかったのと、兄

貴に捉まりたくなかったから。


「っ…ふぅ…」


 公演のベンチに座ると腰が辛い。

 昨日1日寝ていたけれど、学校に無理し

て行かなくて本当によかった…。

 今日がこれなら、昨日はまともに教室で

授業なんか受けられなかっただろう。


 早朝の公園にはまばらだが人がいた。

 犬と散歩してる老人。

 ジョギングしている若者。

 仕事を終えたばかりのような疲れた人。

 同じ高校のジャージを着て走っている人

もいる。

 軽快な足取りで自販機の前まで行きジュ

ースを買っている。

 その爽やかさと今の自分を比べたら…言

葉にならない。





[次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!