[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


「このままでは全てを失うだろう。

 その惰性と慢心によって。

 かつて傲慢にも神に近づこうと人が建

 てた塔が天の雷によって破壊されたよ

 うに、な」

「そんなっ!

 じゃあどうすればいいんだよっ!?

 俺はっ、こんなに頑張ってるのに…!」


 思わず叫んでしまった。

 心の痛い場所を幾度も突き刺されて胸が

悲鳴を上げている。

 これ以上頑張れない、と。

 これ以上どうればいいんだ、と。

 答えを知っているなら教えてほしい。

 何が正解なのかを。


「ヒャッヒャッヒャッ…。

 それは自分で決めることさね。

 カードに頼るもんじゃあない」


 そのしわがれた笑い声に撫でられたよう

にロウソクの明りが揺らいだ。

 まるで夢の幕引きを告げるように。


 やがてロウソクよりも明るい光が差し込

んできて、全てを白く染めていく。

 意識が眠りから目覚めようとしているよ

うだ。


 待って!

 待ってくれ!!

 まだ聞きたいことがあるんだっ…!!


 しかしその波にあらがえるはずもなく意

識は浮上していった。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!