[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


「\ 隠者。その逆位置。

 これは闇の中を明りもなく惑う様をあら

 わす。

 他者の意見を聞き入れず、自らの固定概

 念の中だけで判断しようとするから狭い

 視野の中で身動きがとれない、或いは何

 をやっても出口に辿りつけない」


 そのしわがれた声にいつしか神経を張り

つめていた。

 これは俺が探している“答え”じゃない

のか…?

 そんな予感がした。


 実際には瞬きするような時間なのだろう

けれど、早く先が知りたい俺はカードの上

を滑るように動くその指の動きさえじれっ

たく感じた。


「]X 悪魔。その正位置。

 抗いがたい誘惑。浮ついた気持ち。

 それらにとらわれて、何もできない」


 そう、何も出来ない。

 何もできずにいる。

 快楽に理性まで流されて、それで…。


「何もできない、何も選択できない。

 選ぶべきものを、正しいものを選べない

 でいる。

 誘惑に負けてあっちにフラフラ、こっち

 にフラフラしている、とY 恋人たちが

 あらわしている」

「だってあれはっ…!」


 いたたまれなくて、図星を突かれたよう

で、言い訳をしようと口を開いた俺の目の

前に最後のカードが突き付けられた。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!