[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


「…これで何がわかるんだ?」

「黙っておいで。

 今集中しているんだから」


 落ち着かなくなってきて尋ねたら叱られ

た。

 どうやらこの老婆は本気で占ってくれて

いるようだ。

 見かけで判断しちゃいけない人なんだろ

うか…そう思うと、先ほどまで老婆に対し

て思ってきたことが申し訳なくなる。


 と、沈黙を破って老婆の皺だらけの指先

が最初に置いたカードを上を指さした。


「]U 吊るされた男。その逆位置。

 これは無意味な犠牲。

 どれほどに犠牲をはらったとしても報わ

 れないことを示している。

 それがお前の現状さね」


 ドクンッと、心臓が嫌な音をたてた。

 “無意味な犠牲”

 それは身に覚えがあることではなかった

か。

 何も言えずにいると、老婆の指先が2枚

目のカードの上に移動した。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!