[通常モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


 老婆の後ろをついていくと、赤い民族風

のテントに入って行く。

 霧が立ちこめているせいでテントの中は

薄暗く、外から入る光はほとんど期待でき

ない。

 そんな中でゆらりと光が灯った。

 老婆がロウソクに火をつけたようだ。


「お座り」


 ロウソクを置いた小さなテーブルの手前

を指さしてから、自分はその反対側に回り

込み向かいに腰を下ろす。

 こんなところまできて嫌とも言えず、俺

は言われるままその場所に腰を落ち着け

た。

 老婆の手がどこからかカードの束を取り

出す。

 トランプ…にしては枚数が少ない。

 同じ絵柄のそのカードをテーブルの上に

置いて広げ、全体を渦巻きの形で混ぜ合わ

せる。


「回り続ける運命の輪。

 巡り続ける星の軌道。

 闇の中で惑う者に、

 その道を示せ…」


 しわがれた声が呪文のように唱えるのを

黙って聞いていた。

 カード占いでそんな大層なことが分かる

のだろうか…いや、夢の中のことだしそこ

まで真剣に考えなくてもいいか。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!