[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


「おやおや死相が見えるよ…」


 フードの下からしわがれた声が響いた。

 ケタケタと笑う声は童話の中の魔女を彷

彿とさせて、その言葉の不気味さも相まっ

て容易には声を出せない。


「このままだとお前、死ぬよ?」


 その小柄な肩を揺らしながら嗤う様は見

ていても気持ちのいいものではなく、ムッ

と顔をしかめた。


「おやおや、そんな顔しなさんな。

 その死から逃れたくてこんなところまで

 来たんだろうに。

 おいで。占ってあげよう。

 なぁに、とって食いはしないさ」


 そう、なのだろうか…。


 言われてみればそんな気がしなくもな

い。

 俺の返事を待たずに歩き出す背中を慌

てて追いかけた。

 でないければ濃い霧のせいですぐに迷

ってしまいそうだ。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!